腰痛クチコミバンク 治療院・サロンの口コミ情報サイト 腰痛バンク

地域情報リンク

中国バリをお探しの方へ治療院のご紹介。中国バリなら豊田市の鍼灸院 TCM鍼灸院

治療院のご紹介

トップページ > 治療院のご紹介

TCM鍼灸院とは…

TCM鍼灸院名前の由来

 TはTraditional(伝統的な)、CはChinese(中国の)、MはMedicine(医学)つま り、TCMは中国伝統医学=中医学、中国医学ということになり、TCM鍼灸院とはつまり中医学を駆使して行う鍼灸院のことです(もちろん現代医学も併用しますが…)。
  中医鍼灸と日本鍼灸は、私は全く別ものと捉えています。経穴つまり、つぼは365個あると言われていますが、その内、60個は位置が両者でだいぶ異なりますし(しかし、世界の鍼灸は圧倒的に中医鍼灸であり、いずれは日本鍼灸も中医鍼灸に吸収されるようです。)、診断の概念、鍼の仕方、灸の使い方、吸角と全く違います。
  日本式の鍼灸は、統一された治療法は一切なく、流派のみが存在します。  つまり、100人いれば診断から治療まですべて違うといっても過言ではないでしょう。私は、それがいやで中国南京市へ渡り中医学を現地の言葉で学んで参りました。統一された基盤をもち、誰がやっても同じ診断がたち、海外からの文献も応用でき、特に師匠を必要としない、中国で西洋医学と対等であり、そして世界の鍼灸のスタンダードである中医鍼灸を皆さんに是非奨めたいのです。

治療内容

  1. 鍼、電気鍼、ショウガ灸(ショウガを薄く切って穴をあけ上からもぐさに火をつける)、灸頭鍼(鍼の頭に灸を刺して燃やし温熱効果を得る)、吸角(竹状になったものに火を通し皮膚につける)、皮内鍼(置き鍼ともいい小さな鍼をテープでとめることにより持続効果を得るもの)、小児鍼、王不留行(中国製の種でテープに固定して行う)
  2. バックトラック(90/90腰椎牽引、腰椎由来の坐骨神経痛によく効く)、頸椎牽引、超音波、メドマー(足の疲れ、むくみに効果がある)、ホットパック(肩、膝等を温めるもの)、スタービーム(あつくない灸のようなもの)、ノイロメーター(ヒトの皮膚上の電気抵抗を測定し、なおかつ直流電流を加える。)
  3. 三軸修正法(患者さんのゆがみに対して物理的な刺激を加えバランスを整えるすばらしい治療法)を治療上必要に応じて行います。
  4. 自律神経免疫療法(頭や指先から少量の出血をさせる治療法)を併用して治療していきます。特に、アトピー性皮膚炎、花粉症、めまい、ふらつき、片頭痛、糖尿病、胃潰瘍などの難治性疾患に卓越した効果をあげています。
  5. AKA療法(骨盤の関節や身体各種の関節を調節する治療法)を導入し、姿勢性の痛みや、鍼灸では効果の出にくい病態に対して効果をあげています。

1〜5 を個人の状態に応じて経験的に使い分けています!

 

治療コース

初診料:一律2000円

1) 自費コース
大人(VIPコース) 3500円
鍼灸治療+関連治療+三軸修正法
高校生以上の学生 2500円 鍼灸治療+関連治療+三軸修正法
中学生以下の子供 1500円 鍼灸治療+関連治療+三軸修正法
大人割引券 10回券30000円
5回券 16000円

2)保険治療コース

800・1500円                 鍼灸治療+関連治療
(障害者、母子保険、こども医療)         公費負担

3)自動車保険コース

保険会社負担            鍼灸治療+関連治療+三軸修正法

 

他にも、自律神経免疫療法コースを平成21年3月1日より開始しております。
●自律神経免疫療法(井穴頭部刺絡療法)単独コース   一律3,000円

●鍼灸治療と自律神経免疫療法併用コース      鍼灸治療費+1,000円
  (例)大人鍼灸治療費   3,500+1,000=4,500円

*但し、当院は灸のみの治療は受け付けていません!

  1. 自費コースの内大人はVIP専用のコースで、三軸修正法を初め各種のサービスをしています。(各種回数券、割引等各種サービスあり。当院の人気メニューです)
  2. 保険治療コースは、内科等医療機関で医療保険を同意して頂き廉価な費用負担でかかれるようになっています。

鍼灸治療の保険取り扱いについて

対象疾患
1) 神経痛(三叉神経痛、坐骨神経痛、肋間神経痛など)
2) リウマチ
3) 頚腕症候群(いわゆる肩こり、手が痛いなど)
4) 五十肩
5) 腰痛症
6) 頸椎捻挫後遺症(いわゆる首のむちうち症)

保険取り扱いには、次の3つのものが必要となります。
1) 医師の同意書
2) 保険証
3) 印鑑(認め印で良い)

鍼灸の保険治療の流れ
1) 当院に「医師の同意書」の用紙がありますのそれをお渡しします。
2) 患者様のかかりつけの医療機関もしくは当院で同意ができる医療機関(治療は必要なく、初めてかかる方も可)を紹介します。
3) 医療機関で医師の診察を受け同意書をもらって下さい。
4) 医師の同意書、保険証、印鑑を当院へご持参ください。

1)〜4)が完了した時点で保険治療に入ります。

(鍼灸保険治療の注意点)
1) 保険治療は初回の治療から3ヶ月間有効です。それ以後延長するときは再度3か月ごと医師の同意書を受ける必要があります。(正確な有効期間はこちらで確認しています。)
2) 同意医師の変更は可能です。
3) 当院以外の医療機関で同一病名で保険治療を受けることは原則としてできません。しかし、検査等はOKです。
4) かかりつけの医療機関でも整形外科の先生は同意を拒否される事が多い(理由は競合しているため…)のでできるだけ内科へいかれる事をお勧めします。それでも拒否されるときには、当院紹介の医療機関へ行って下さい(100%同意して頂けます)。

取り扱い商品

ダイエット食品:ブックスダイエット(ブックスサポート、ビーファイン)
各種ハーブ、ビタミン、ミネラル類
腰痛ベルト、コルセット
ターボセル(バランスダイエットに使用)など

診療時間

曜日 午前 午後
火・水・金・土・日 8:30〜12:30 3:00〜7:00
但し、7:00予約可
予約制です。
月曜日・木曜日・祝祭日は休診日です。

ページトップへ

治療院内の紹介

鍼灸院外観
治療院内の様子

駐車場は車が6台は入れます。建物は、圧縮鉄筋コンクリート(プレキャストコンクリート:PC)壁式工法(大手ゼネコン建築会社である大成建設の「パルコン」と同等レベル)といわれるもので震度7の地震に耐えうるものです。外には自動販売機が1台あり患者さんにも利用いただいております。地元の小学校の正門前、保育園の西隣と立地条件も抜群です。

治療院玄関
治療院内の様子

床はすべてフローリングにて統一しました。これは、ダニ、ダストなどがたまりやすいカーペットを避けて掃除しやすくしかも耐久性が良いという観点から選びました。入ってすぐ右にトイレがあります。

待合室
治療院内の様子

6人の患者さんがゆったり座って待つことができるように広々とした空間となっております。米国式の空気清浄機、エアコンも備えております。
常に、リラックスできるBGMがかかっています。

診察室
治療院内の様子

初診の患者さんは、まずここで、診察、検査等を行います。時間帯によって、治療用ベッドになる場合もあります。ベッドは、電動油圧昇降式となっており、背丈に応じて高さを調節できます。

治療室
治療院内の様子

 治療は、原則的に3台のベッドで行います。カーテンで仕切られますし、一つずつ、窓がとってあり必要に応じて換気ができそのすぐ上に癒し系のシルクスクリーンがかけてあります。私がいうのもなんですが、実に安らぎます。
  院内は、BGMとしてクラッシック、1/fの揺らぎ等の安らぎが得られる曲をかけています。
  備品は多く、頸椎牽引、遠赤外線、超音波、パルス機器、スタービーム、バックトラック(90/90腰椎牽引装置)、水玉(プラカップ、中国製竹)、ホットパック、メドマー(下肢空気マッサージ機器)などを状態に応じて併用しています。
  手指消毒用に、洗面器は使わず、速乾性ラビネット液を毎回使っております。
  鍼はすべてディスポーザブル鍼(使い捨て鍼)を用いております。また、持続効果の得られる皮内鍼、王不留行(中国製の種)、マグレイン(金属製粒)
  お灸は、必要に応じて行います。(ショウガ灸、灸頭鍼など)

スリッパ
治療院内の様子

TCM鍼灸院の名前入りとなっています。

治療用枕
治療院内の様子

 治療用、診察用ともに枕の上にはタオルを巻いてその上からペーパータオルをひいています。これにより、他の患者さんと区別して完全なプライベートを確保しています。個人のタオルを持参される必要がありません。
  また、冬期には、エアコンからの暖房が入りますが、不思議と上方の空気は温かくなるものですが下方は寒いままが多いものですが、シーツの下に電気マットをひくことで下からの寒さをできるだけ防いでおります。

明治鍼灸大学卒業時の賞状
治療院内の様子

明治鍼灸大学3期生の卒業生約100名中次席(学長賞)で卒業しました。ちなみに3人だけがこの賞状を受け取っております。

南京中医学院研修生修了証
治療院内の様子

中国で30数校あるうち、中国で最も古くランク最高の南京中医学院(南京中医薬大学)に留学し、講義を受け、その附属病院である江蘇省中医医院にて臨床実習を修めた修了証です。こちらの鍼灸科は世界のWHOから鍼灸教育を委託され、世界各国の医師、鍼灸師、その他従事者が毎年集まり研修を受ける場となっております。毎日、鍼灸の患者さんだけで400人来院されます。

盛教授とのツーショット
治療院内の様子

TCM鍼灸院の設立3周年記念として、盛教授、薛助教授を日本へ招聘し、2ヶ月間講義、実技指導、DVD作成等を行いました。この後、盛教授とは医療顧問となって頂き、臨床上の相談にものって頂いております。
*盛教授は、南京市のNo.1と目される鍼灸医師で半日で80名もの患者を治療されます。江蘇省中医医院鍼灸科の主任医師、中国衛生省認定の名医です。(中国でも30名前後しか得られていない。)

地元の話

あの先生は、鍼灸大学を卒業して中国まで留学された先生です!一度治療を受けてみたら?

ページトップへ