腰痛クチコミバンク 治療院・サロンの口コミ情報サイト 腰痛バンク

地域情報リンク

中国バリなら豊田市鍼灸院 TCM鍼灸院

診療雑感

トップページ > 診療雑感

診療雑感

・T市在住のKさんは、3ヶ月からひどいめまい、立ちくらみで意識が遠のくほどの状態(頭部CT、MRIともに異常なし)でしたが、数週間の鍼治療にてほぼ完治しました。本人さんも大変喜んでおります。(平成21年1月9日)

・M町在住のMさんは昨年夏頃より腰椎椎間板ヘルニアから右下肢へのしびれ(歩行時のみ)が発症し整形外科リハビリ室にて治療を続けて参りましたが効果がおもわしくなく、昨年11月に当院へ来院し鍼治療をしたところ日を追うごとに症状が改善していき、今年の1月中に下肢のしびれはほぼ消失いたしました。坐骨神経痛に対して鍼治療は本当に良く効きます!(平成21年2月1日)

・T市在住のIさんは、左の親指がしびれて左肩が夜眠れないほど痛い状態で当院へ来院されました。実は1年前に発症されたのですが、近所の接骨院へ1年間通院(電気治療とマッサージ)されていたそうです。私は、第6頚神経根(首から出る神経の根元)の炎症があると推察して、電気鍼治療と頚椎牽引の併用治療をしたところ1ヶ月もたたないうちに夜間の痛みも消失し、左母指の痺れが軽減し始め「今日は、腕が伸ばせるようになったので自転車で来ました!」と患者さんから嬉しい挨拶まで頂きました!近いうちに完治されることでしょう!(平成21年3月18日)

・O市在住のMさんは、4月上旬より急に腰が痛くなり、朝の痛みで起きる時も30分かかっていたそうです。O市の有名な病院であるA病院の整形外科にかかるも、飲み薬、湿布しか渡されず、何回治療しても一向に良くならず医者からは「お年齢から来ていますからねー」と言われる始末。なんとか治したいと思っていた矢先、知人のハンペイ屋さんが「私があそこ(TCM鍼灸院)でよくなったからあんたも治るよ」という言葉を信じ4月下旬当院へ来院され治療したらたった数回の治療で5月上旬には痛みが10→1となりあと少しで完治という感じにになってまいりました。Mさんいわく「先生の鍼治療は大変良く効く!ハンペイ屋さんの紹介が無かったら私はどうなっていたか?」と感激しておられました!(平成21年5月10日)

・T市在住のKさんは、5月下旬にぎっくり腰(腰椎椎間板ヘルニアを罹患)を起こし、2軒の整形外科へ受診後に腰に注射、飲み薬、腰牽引などを下のですが、ますます悪化し、6月上旬に当院へ来院されました。杖をついており当院の駐車場から玄関に入るまでに10分間以上かかり、なおかつベットに横たわるのも相当難儀で、何か動作をすると背骨の真ん中が「ぎくっと痛い!」と言われていました。当院での治療(鍼、吸い玉、バックトラック)をしたところ彼は「さっきとぜんぜん違うわ」と杖をついてはいました(当時は無いと不安)がすたすたと歩いて帰られました。次の日には、杖なしで普段のように歩けるようになったそうです。今は、完治すべく加療をしております。(平成21年6月11日)

・O市在住のKさんは、数年前から両手の中指が痛くなり、次第に中指が曲がらなってしまいまして(手を握ることができない)日常生活上困っていました、整形外科(屈筋腱腱鞘炎と診断を受ける!)、接骨院、整体と通院しても全く効果がなかったのですが、当院の鍼治療+しょうが灸を数ヶ月したところ、中指が曲がるようになり、拳骨ができるようになりました。今では、本人さんのご家族がそろって当院の鍼治療を受けに来院されております。(平成21年7月5日)

・O市在住のIさんは、2週間前から、原因不明の頭痛(後頭部からこめかみにかけてガンガン痛む)に悩まされており、頭痛薬を服用したりしていたのですが一向に良くならず、当院にて鍼治療+自律神経免疫療法をしたところ帰宅する頃には、頭痛も完全に治まりそれ以来再発はありません。これには本人さんも大変喜んでおられました。片頭痛には自律神経免疫療法が著じるしく効果があります。(平成21年8月21日)

ページトップへ

 

 

・T市在住のHさんは、2週間前から右手がしびれるといって当院へ来院したのですが、一応私は、「手根管症候群」と推察し、鍼治療をしたところ翌日から手の痺れが激減し、3週間後には完治され今では、大好きなゴルフを楽しんでいるとのことです!!(平成21年9月24日)

・T市在住のRさんは、数ヶ月前から職場業務上のストレスからか多種多様な不定愁訴(例:のどがつまる、不安感など)がありましたが鍼治療を1ヶ月程度施行してみるとその大部分の症状が大幅に改善し本人様も喜んでおられます。(平成21年10月21日)

・T市在住のYさんは、腰椎椎間板ヘルニアと診断され、腰から臀部そして足にかけてのしびれ痛みがあったのですが、当院における数回の鍼治療で、ほぼ症状が消失しました。整形外科のドクターからは、「早く手術をしたほうがいいよ」と言われていましたが、しなくてすみそうです。しかしコルセットはしばらく装着して頂くようにしています。(平成21年12月17日)

・T市在住のOさんは、2年前に当院へ来院時には緑内障になり眼科処方の点眼薬をしているにもかかわらず眼圧が両眼とも25以上でした。鍼治療を行なったら、2ヶ月ほどで15(右)、17(左)と正常値化していました。年末に測定したら眼圧は正常値以内14(右)、13(左)でしたが視野検査で左側の欠損が見られていたのですが自律神免疫療法を足に加えところ1ヶ月程で視野欠損が正常化したそうです。また緑内障にかかわらず目の症状である、「目の奥が痒い、痛い、ごろごろする、まぶしい」などの症状(特に眼精疲労)も良く効きます。点眼薬に頼っている方々いかがでしょうか?(平成22年1月27日)

・N市在住のWさんは、数年前から夜に1時間おきにトイレに起きるなど夜間頻尿があり泌尿器科へ受診しようかと迷っておられましたが、当院へ受診なされて鍼治療をしたところ2回ほどで夜起きる回数が1回もしくは2回になったと言われました。薬を使わずに夜間頻尿が改善するとは鍼治療は素晴らしい治療法です!(平成22年3月7日)<

・T市在住のAさんは、10年以上前から糖尿病になられ内科にてインシュリンを処方され自宅で施行していましたが、最近は空腹時血糖値が250を越えて下がらないことがしばしばだったのですが、自律神経免疫療法を単独に施行したところ、110〜160程度までにおさまるようになりました。体の調子も良く患者さん本人も大変満足しております。(平成22年4月27日)

ページトップへ